製作事例のご紹介

プラ型刻印入れ子をPL面から取り外せます
金型用キャップボルト

プラ型刻印入れ子の交換は金型を設備から降ろして分解する必要があり、時間を要する作業です。従来はキャップボルトの穴を隠すために銅の入れ子を圧入していましたが、取り外す度に銅の入れ子に穴を空けることが必要で大変な作業です。金型用キャップボルトを用いれば、プラ型刻印入れ子の交換がPL面から可能になり、金型入れ子の交換時間を短くできます。

(特許出願中)

金型用キャップボルトの特徴

●成形品にキャップボルトの跡をつけずに刻印入れ子をPL面から固定できます。
●カバーの取外しはワンタッチでできます。
●貫通穴付きなのでプレート側からカバー取外しもできます。
●ガスベント/ガス抜き入れ子を利用した試作事例もあります。
●スイッチ入れ子を2つ利用することでより大きな刻印入れ子の取外しができます。